天皇陛下御即位記念「令和のお屋根替え」次世代へつなぐ  祈り・技・美/ご支援ご奉賛のお願い

小國神社ものがたり ~ご祭神とともに~

小國神社 大祓(おおはらえ)おおはらえのことば

お知らせ

全て催しご案内祭祀いろは

遠州・三河一社三山 もみじめぐり

季節の便り

各種ご案内

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の取り組みについて

~変わらない祈りのために~

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

小國神社 新型コロナウイルス感染症への取り組み

当社では、毎朝の日供祭に合わせ新型コロナウイルス感染症鎮静祈願の祝詞を奏上し、1日も早く事態が鎮静化するように大神様にお祈りするとともに感染拡大防止のため、以下の対策を実施しております。皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

境内について
  • ご参拝につきましては通常通り参拝ができますが、マスクの着用をお願いいたします。
  • 参道横の手水舎は柄杓を撤去し、流水にてお清めいただいています。
  • 拝殿前賽銭箱の鈴緒は撤去させていただいています。
  • ソーシャルディスタンスにご協力下さい。
  • 各所に消毒液を設置していますので、ご利用下さい。
お札お守りの授与・ご朱印受付について
  • 午前9時~午後4時まで、通常通り行っています。
  • 窓口には、飛沫感染防止のアクリル板を設置しています。
ご祈祷について
  • 受付時間は、午前9時~午後4時まで通常通りご奉仕しています。
  • 昇殿人数の制限を行っております。※昇殿とは、ご祈祷のため拝殿に入ることです。
    1家族あたり4名までとさせていただきます(未就学児除、但し席は4席です。)
  • 受付には、飛沫感染防止のアクリル板を設置しています。
  • 拝殿内及び祈祷者控室内は、除菌噴霧を行い室内換気も行っています。
  • ご祈祷中は、マスクの着用をお願いいたします。(未就学児除)
  • 玉串による拝礼は、ご遠慮いただいております。
神社職員の対応
  • 職員は出社前の検温を実施し、手洗いうがいを徹底しています。
  • 社務所内に消毒液を設置し、定期的に消毒をしています。
  • 全職員マスク着用にて社務を実施しています。
その他
  • 発熱や倦怠感、風邪の症状のなどをお感じの方は、症状が改善されるまでご参拝をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

本殿遷座祭・奉幣祭斎行のご案内

約50年振りとなるお屋根替えにより、大神様の御神威がさらに増した小國神社をご家族の皆様お揃いでご参拝いただきますようご案内申し上げます。

小國神社では、令和の御代替わりをお祝いし、天皇陛下御即位記念『令和のお屋根替え』~次世代につなぐ 祈り・技・美~として、御本殿以下社殿群のお屋根替え工事をおこなっています。 

小國神社「本殿遷座祭・奉幣祭」

小國神社「本殿遷座祭・奉幣祭」

小國神社「本殿遷座祭・奉幣祭」

小國神社「本殿遷座祭・奉幣祭」

小國神社「本殿遷座祭・奉幣祭」

本年1月よりは、御祭神が鎮まります御本殿屋根の葺き替えに着工し、古い檜皮を剥がし野地板など傷んだ箇所を修繕しながらの葺き替え工事が始まりました。 工事は順調に進み、この度お陰をもちまして「御本殿屋根の葺き替え工事」が無事竣工の運びとなり、工事の間仮の住まいにお遷りいただいていました大神様が真新しいお屋根の御本殿にお戻りになる神事「遷座祭」を11月10日(水)に斎行いたします。

本殿遷座祭
日時 令和3年11月10日(水)午後 7時~
場所 拝殿及び内庭
奉幣祭
日時 令和3年11月11日(木)午前10時~
場所 拝殿
神社からのお願い
  • 境内では、マスクを着用し大きな声での会話はご遠慮いただくなど感染症対策に ご協力下さい。
  • 祭典中のカメラ・ビデオ等での撮影はご遠慮下さい。

七五三祈祷のご案内

神社でお参りをして、今日まで元気に成長できた感謝の気持ちを神様にお伝えし、これからも病気や怪我をせず健やかに成長するようお祈りしましょう。

小國神社「七五三祈祷」

小國神社「七五三祈祷」

小國神社「七五三祈祷」

小國神社「七五三祈祷」

小國神社「七五三祈祷」

新型コロナウイルスの影響で混雑が気になる方がいらっしゃると存じますが、拝殿内及び祈祷者控室は常に換気をし三密になりにくくなっております。マスクを着用いただきまして、大きな声での会話はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

七五三のご祈祷は、1年を通して執り行っておりますので余裕をもって、ご計画いただきますようお願いいたします。

授与品
  • 令和3年10月1日~12月中旬頃までの期間中に七五三祈祷をお受けの方には千歳飴を授与いたします。(準備数に達し次第、終了となります)
  • 神札をお祀りする「神札立て」を授与いたします。(数量限定)
  • 特別授与品 静岡の絵本・造形作家 たたらなおき作「小國神社ものがたり」をお渡ししています。
  • 小國神社の始まりから現代までの壮大なストーリーが描かれています。親しみやすい絵で描かれただいこく様とうさぎが雲に乗り、時空を越えて小國神社の歴史を辿ります。

※千歳飴は無くなり次第終了となります。
※七五三には欠かせない千歳飴の袋には、鶴、亀、松竹梅などのめでたい物が描かれています。お子様の健やかな成長を願う縁起物です。

たたら なおき

1964年生まれ。静岡市を拠点に活動している絵本、造型作家。

第9回「ニッサン童話と絵本のグランプリ」優秀賞授賞、「サンポくんのたび」「ぶた たこ とんだ」(岩崎書店)、「いちばんつよいのだーれ?」(PHP研究所)などを出版。朝日テレビカルチャー、千代田スクール講師。
日本の神話を題材に絵本やねんど、スチロール、段ボールを使った立体オブジェを制作して日本神話の普及活動を展開している。

迎春 年末・年始 巫女さんのアルバイトを募集いたします!

職員が優しく丁寧にご指導させていただきます。

小國神社「年末・年始助勤奉仕巫女さん(アルバイト)募集」

小國神社「年末・年始助勤奉仕巫女さん(アルバイト)募集」

小國神社「年末・年始助勤奉仕巫女さん(アルバイト)募集」

小國神社では、年末年始の巫女さんのアルバイトを募集しています。 巫女さんのアルバイト経験がない方でも大歓迎です。

巫女さんの仕事は、神社にお参りにいらっしゃった方々と最初に接点を持つところですが、あたたかい笑顔と親切丁寧な対応を心がければ大丈夫です。職員が優しく丁寧にご指導させていただきます。また、新型コロナウイルス感染症対策もしっかり行っておりますので、ご安心下さい。ご応募お待ちしています。

<通常奉仕の方>(一般・大学・短大・専門・高校生対象)
奉仕期間 令和3年12月26日(日)~ 28日(火)
令和3年 1月 1日(土)~ 5日(水)
奉仕時間 午前8時~午後4時30分まで(当社での送迎は致しません)
上記の日にち以外に、年間を通じて(土曜日、日曜日など)ご奉仕が出来る方も 募集いたします。(詳細はお問い合わせ下さい。)
奉仕内容 12月中は、破魔矢の調製(矢に絵馬をつける作業)など行います。
1月中は、お守り、お札、縁起物などの授与を行います。
<大晦日のみの奉仕の方>(高校生以外が対象)
奉仕期間 令和3年12月31日 ~ 令和4年1月1日
奉仕時間 午後10時30分 ~ 午前8時まで
注意事項
  • 神社への通勤可能な方(宿泊はできません)
  • 全期間奉仕が可能な方を優先いたします
  • 採用の方には改めて提出事項を個人宛に通知いたします
  • ご不明な点がありましたら、お問い合わせ下さい
新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルス感染症予防のため、常にマスクを着用しての奉仕となります。 又、休憩時や食事の前など、定期的に手洗い・うがいを行っていただきますので、 ご協力をお願い致します。(除菌スプレーは神社にて用意致します)

  • 朝は検温をして37度5分以上の場合や、体調不良の場合は神社に連絡をしてい ただき出勤しないようにお願い致します。
  • 内容等のお問い合わせは、下記にご連絡ください。

小國神社/TEL:0538-89-7302 担当:市瀬

新嘗祭並び奉納農産物感謝会・即売会のご案内

「新嘗祭」(にいなめさい)とは新穀(新米)を神さまにお供えし、その年の収穫を感謝する大切なお祭りです。稲作を中心として発展してきた日本の国柄を象徴する大切なお祭りです。

小國神社「新嘗祭・第63回奉納農産物品評会・即売会」

小國神社「新嘗祭・第63回奉納農産物品評会・即売会」

小國神社「新嘗祭・第63回奉納農産物品評会・即売会」

小國神社「新嘗祭・第63回奉納農産物品評会・即売会」

日時

令和3年11月23日(火)

  • 午前10時 新嘗祭 斎行
  • 引続き10時50分頃より 奉納農産物即売会を開催いたします
場所
  • 新嘗祭/拝殿
  • 奉納農産物即売会/舞殿東側 小國神社振興会特設テント内
  • 氏子の皆様より出品された約200点の奉納農産物の即売会を開催いたします。
  • 人気の品物はすぐに完売してしまいますので、お早めにお越し下さい。
  • 午前8時より奉納農産物の展示を行ないます。
  • マスクの着用をお願いいたします。

もみじまつりのご案内

大小約1,000本のもみじが描く極上の色彩と風情溢れるおもてなし、秋色に染まるご神域をゆっくりと散策して、心と身体を癒やしてください。

小國神社「もみじまつり」

小國神社「もみじまつり」

小國神社「もみじまつり」

小國神社「もみじまつり」

開催概要
日時 令和3年11月28日(日)午前10時より 午後3時まで
場所 小國神社 境内各所
お願い

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用をお願いいたします。

催し
和琴奉納演奏 10:30~15:00 頃まで(舞殿)
尺八の演奏 09:00~15:00頃まで(事待池前)
※雨天の場合、中止となります
野点(抹茶) 10:00~15:00 頃まで(社務所南側)
※新型コロナ対策にて中止になる可能性もあります
甘酒(無料授与) 10:00~15:00 頃まで(社務所玄関前)予定
(準備数に達し次第、終了となります)
※新型コロナ対策にて中止になる可能性もあります
おしるこ授与
(小國神社敬神婦人会奉仕)
10:00 ~ 13:00頃まで(宮川赤い橋付近)
(準備数に達し次第、終了となりま)
※新型コロナ対策にて中止になる可能性があります。

第20回 古代の森 小國神社 写真コンテスト開催 !~作品の募集をはじめます~

次世代に繋ごう。日本の伝統と豊かな自然。

小國神社「写真コンテスト」

小國神社「写真コンテスト」

小國神社「写真コンテスト」

小國神社「写真コンテスト」

小國神社「写真コンテスト」

小國神社の様々な「お祭り」はもちろんのこと 「ご神域に集う人々」、「季節の移ろい」、「自然の息吹」、「ご神域に棲む動物」など、テーマは多岐にわたります。

当社の写真コンテストでは、「小國神社で見つけた日本の美しさ」を表現することが最大の特徴です。「新鮮な視点」・「インパクトのある訴求力」・「写真の記録性」・などを総合的に考慮し審査を進めて参ります。

多く皆様のご応募をお待ちしております。

令和3年 師走大祓式のご案内

~心も身体も祓い清め、清々しい気持ちで新年を迎えましょう~

小國神社「師走大祓式」

小國神社「師走大祓式」

小國神社「師走大祓式」

小國神社「師走大祓式」

大祓式(おおはらえしき)とは?

日常生活の中で知らずに犯した罪や過ち、心身の穢れを身代わりとなる人形(ひとがた)に託し海や川に流して祓い清める神事です。 古くは平安時代に編纂された書物「延喜式」にもその記述があります。
毎年6月の晦日に行なわれる「夏越大祓式」と、12月の大晦日の「師走大祓式」が年に2回行われます。

日時 令和3年12月31日(金)午後3時~
場所 境内(社務所前)
大祓(おおはらえ)人形(ひとがた)の授与
  • 毎年11月下旬より、祈祷受付にて大祓人形(師走用)を授与しております。
  • 当社にてご祈祷をお受けになられた方、大祓式にお申し込みの方にはご案内をお送りしております。(12月上旬、発送を予定しています)
  • 遠方の申し込みの方には「大祓人形」をご郵送いたします。「祭務部 大祓係」までお問い合わせ下さい。
大祓式の申し込みについて
  • お申し込みは社務所受付・郵送にてお受けしております。
  • 初穂料はお気持ちにてお納めいただいております。
    1家族3,000円程度  ※ 1,000円以上お気持ちとなります。
  • 人形に罪・穢れを託し、当社へお納め下さい。
  • 神事終了後、お申し込みいただきましたご住所へ「大祓神札」をお送りいたしますので、ご家庭でお祀り下さい。(1月10日頃、発送予定しています。)
大祓人形の扱い方
  • 人形にご家族それぞれの氏名・生年月日を記入し、身体を撫で半年間の罪や穢れを託し、最後に息を吹きかけます。
  • 人形が不足の場合は、同封の人形を参考に白い紙でお作り下さい。 当社までお越しいただければ、不足分をお渡しいたします。

おおはらえのことば

社報 玉垂(たまだれ)62号の発刊

季節の話題や祭祀・催し物など、神社にまつわる様々な情報をご案内する小國神社の広報誌です

社報玉垂

本号注目の話題
  1. 特別寄稿
    • 万象具徳 以徳報徳 ~建立された二宮金次郎像に想う~/公益社団法人 大日本報徳社 社長 鷲山 恭彦
  2. 遠江国一宮 小國神社 ~一宮と云われる所以~
  3. 例祭の斎行 ~大神様に捧げる日々の感謝のこころ~

新春授与 疫難除守(えきなんよけまもり)のご案内

~疫病と厄災除けのお守りを授与いたします~

小國神社 疫難除守(えきなんよけまもり)

小國神社 疫難除守(えきなんよけまもり)

小國神社 疫難除守(えきなんよけまもり)

このたび、皆さまのご健康を願い薄型で様々なケースにも納めることができる疫難除けお守りを奉製いたしました。

当社では、少なくとも今から300年前より疫病と厄災をもたらすとされる「疫神」を清め鎮めるお祭り「疫神齋」(えきじんさい)を斎行しています。「疫神」とは、病気など様々な災厄をもたらす悪神とされ疫病神や厄神と云われています。

この度、小國大神様のご加護を多くの皆様にお受けいただけますようにと、お守りとして奉製いたしました。お守りに記された文字は、当社疫神齋にてお祓いをして氏子の皆様に頒布しています「疫神齋御札」より使用した独自のお守りとなります。時代が変わりましても、神さまのご加護は変わることはありません。

是非とも、多くの皆さまにお守りをお持ちいただきまして病気などせず健康にお過ごしいただきますようご案内いたします。

初穂料 1体 1,000円也

ひょうの実守りのご案内

皆様の良縁を願い「ひょうの実守り」を奉製いたしました。多くの皆様に良き縁が訪れますことをお祈り申し上げます。

小國神社 ひょうの実守り

小國神社 ひょうの実守り

初穂料 800円也

樹齢800余年と伝わる縁結びのご神木「ひょうの木」には穴の空いた不思議な「ひょうの実」ができます。

当社のご祭神大己貴命は、この穴の空いた不思議な実を笛のように吹いて美しい音色を奏で、その音色に魅了された女神と契りを結ばれた。と伝わる当地での古い言い伝えがあります。

現在でも、このご神木には様々な良縁を願う崇敬者の皆様が日々訪れています。

縁結びもみじ守りのご案内

~ご縁を結び、ご縁を育む~

縁結びもみじ守り

縁結びもみじ守り

縁結びもみじ守り

縁結びもみじ守り

縁結びもみじ守り

当社のご祭神大巳貴命(おおなむちのみこと)/ 別名 大国様は、人々の様々ご縁を結び繋いでゆく神様として広く親しまれています。 縁結び「もみじ守り」は、宮川沿いを始め境内に立ち並ぶ美しいもみじの葉の形を水引で結び清浄に奉製しております。

初穂料 800円也

大神様のご加護をいただき良きご縁を結ばれますことを心よりお祈りいたします。

  • 「紅葉のもみじ色」と「新緑の萌黄色」の2種類がございます。
  • 縁起が良いとされる「叶結び」(かなうむすび)で水引を結びもみじの葉の形にしています。

坂部哲之著『小國神社の花々』(増補版)のご案内

~草花を愛で豊かな感性を育む~

小國神社の花々

小國神社の花々

小國神社の花々

小國神社の花々

小國神社の花々

小國神社の花々

小國神社の花々

当社主催の文化塾「とこわか塾」の塾生の坂部哲之氏が約3年の歳月をかけて撮りためたご神域に生きづく可憐な草花200種類以上を掲載したオールカラーのポケット図鑑です。

坂部氏の鋭い観察力と自然に対する畏敬の念が伝わる良書となっています。

日本人は万葉の昔より、草花を愛で詩歌に詠むなど豊かな感性をもち、季節の恵みへの感謝を神々に捧げてきました。
本書を片手に四季折々に境内散策を楽しんでいただき、自然の息吹や尊さを感じて下さい。

お求め方法
  • 「小國神社の花々」は全国書店にて1,200円(税抜き)取り扱い中です。
  • 当社授与所・Amazon楽天 の通信販売でも購入が可能です。
特徴
  • ご神域の草花に特化した、大変貴重なポケット図鑑です。